2012年11月09日

ef - the first tale.

本日ご紹介するゲームはこちら
2006年12月22日にminoriさんより発売された【ef - the first tale.

ef3.jpg

ストーリーは二部・六章構成で成り立っており、
1作目にあたる『ef - the first tale.』には序章広野紘・宮村みやこ・新藤景・雨宮優子らを中心にした物語第一部前編(1、2章)が、
2作目にあたる『ef - the latter tale.』には新藤千尋・麻生蓮治・火村夕らを中心にした物語第一部後編(3章)物語第二部(4章)終章が収録されている。

第一部で『ef』という作品のテーマが提示され、第二部で物語が収束されるという章立てとなっている。
それぞれの章が一つの物語として完結し、かつすべての章が組み合わさった時『ef - a fairy tale of the two.』という1つの物語が明かされるようになっている。


あらすじ
かつて震災と大火に見舞われ、一度は焼け落ちた街―― 音羽。
そこは現在、ヨーロッパの童話から飛び出してきたような、美しい街並みとして甦っていた。
まるで、忌まわしい災厄の記憶を覆い隠すように……。

クリスマスの夜。ひとりの青年が音羽の教会を訪れた。
遠い昔に交わした約束を果たすために。

彼を出迎える少女。共に過ごした時代を穏やかに語りあう2人。

「ずっとふたりで進んでいこうと決めた」
「そのはずだった」
「なのに、俺たちの手は離れ、違う道を歩いてここに来た」
互いが離れていた時間に、なにがあったのか。2人はそれを確認しあう。

少女は語る――。

「はじまりは……ちょうど1年前のクリスマスの夜」
「扉を開けて入ってきたのは、ひとりの男の子でした」
「どこかあなたに似ていて――ええ、懐かしい匂いがしたんです」
「だから私は思ったのかもしれません」
「ほんの少しだけ、その男の子の物語に関わってみようって」

そして物語は始まりへ……。


ジャンル:インタラクティブ・ノベル
原作 脚本 御影、鏡遊
キャラクターデザイン 作画監督 七尾奈留、2C=がろあ
オープニングアニメーション 監督 新海誠
 原田ひとみ


OPアニメーションを秒速5センチメートルでお馴染みの新海誠さんが担当しています。
背景や雲の動き等に注目して見ると面白いと思います。
(下記動画はオフィシャルでアップロードされたものです。)
http://www.youtube.com/watch?v=CvNlpnM79n4

また、『水夏〜SUIKA〜』『D.C. 〜ダ・カーポ〜』(いずれもCIRCUS作品)の原作者で知られる御影さんと、同作でメインヒロイン達のデザイン・原画を手がけた七尾奈留さんが担当しています。

本作品はアダルトゲームに多いアドベンチャーゲームではなく、インタラクティブ・ノベルと呼ばれる形式を使用しており、プレイヤー=主人公ではなく、第三者的視点で物語に参加する「群像劇」のような仕様になっているのが特徴です。
OPアニメーションの出来と併せて、まるでアニメーション映画を見ている様な感覚でプレイする事が出来ます。

次回、2作目にあたる『ef - the latter tale.』をご紹介する予定です。

ef - a fairy tale of the two.(通常版) / コンフォートAlato"ef -a fairy tale of the two."ORIGINAL SOUNDTRACK / minori


posted by erg | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。