2012年11月03日

カルタグラ〜ツキ狂イノ病〜

はじめましてこんにちは
これから定期的に気に入ったゲームの紹介、レビュー等を書いていきたいと思います。
それでは早速ですが、紹介させて頂きます。

kal_wall_1280_001.jpg

こちらは2013年2月8日に(虚ノ少女)を発売予定の
Innocent Greyさんの第一作品目 【カルタグラ〜ツキ狂イノ病〜】です。

あらすじ
終戦から六年が過ぎた日本。逗子行きの列車に一人の男の姿があった。『高城秋五』――、かつて警視庁に籍を置いていた男。
退職した自分が逗子くんだりにまで出向くことになった理由を、秋五は膝の上に置いた新聞の見出しから思い返す。

『上野連続バラバラ殺人事件――』
日本では類を見ないこの事件を、かつての上司『有島一磨』が担当していたことから、この逗子行きが決まった。
「頼まれてくれないか?」
長沙・満州・警視庁を通して上司として世話になった有島の頼みを、断ることはできない。引き受けた仕事は、良家息女の失踪事件。
失踪事件のあった上月家で、かつて逢瀬を交わした恋人――『上月由良』と同じ顔を持つ少女『上月和菜』と出会う。
そして彼女から、消えた双子の姉を捜し出して欲しいと懇願される。

だが由良の父親である上月慶一郎は、秋五に告げた。
「あの娘は、本当は死んでいるんですよ……」

交錯する虚構と真実。戦後間もない上野の町を舞台にして、今、惨劇の幕が開く――。


ジャンル:和風サイコミステリィADV
原画、総監督 杉菜水姫
シナリオ 飯田和彦
OPテーマ 霜月はるか


探偵である主人公が受けた依頼、そして連続バラバラ殺人事件。
全ての関係者を疑いたくなる程に複雑な多数の交友関係
これらが複雑に入り混じり、先が見えない展開に主人公は翻弄されるがまま

捜査パートで証拠を探す事が出来るので、とても臨場感があります。
尚、一部グロテスクなシーンがありますが、耐性がある方には是非おすすめです。

また、プレイステーション2移植版の
【カルタグラ 〜魂ノ苦悩〜】も発売していますので、そちらもおすすめです。


カルタグラ ~魂ノ苦悩~(通常版) / キッド




posted by erg | Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。